脱毛ラボ 池袋西口

脱毛の知識は大切

 

脱毛ラボ,池袋西口店,店舗,場所,行き方,予約

 

1年の間に何人もの人が、非医療機関の脱毛によるトラブルを持って脱毛クリニックに流れるそうです。その人達の多くは、効果が薄かったり、費用が高かったりして途中解約した方になります。脱毛施術に脱毛エステを選んでしまう方の多くは脱毛についての知識が乏しいケースが多いのです。なので、脱毛を開始する前には脱毛についての知識を深め、安心して通える場所を選択することが大切になります。

 

しかし、世の中では脱毛エステが広告に多額の費用を掛けて宣伝することで、脱毛=エステという構図を思い込んでいる方が非常に多いのです。

 

それに対して個人経営の医療機関では、多くの費用を掛けて広告宣伝することはできないですし、医療機関の広告にはいろんな規制があるのも事実です。なので、安心安全な脱毛機関を選べずに華やかな広告に騙されて脱毛エステで失敗する人が昔は多かったのです。

 

始めは脱毛エステの広告に謳われている「低料金」の文字や「早く脱毛が終わる」というような文言に惹かれて脱毛エステに通い始めます。しかし、人々はその後被害に遭ってようやく脱毛について詳しく知るようになるのです。

 

被害に遭ってからでは遅いので、専門的知識の高い医師が先頭に立ち、脱毛は医療行為だということをもっと多くの人に認知させる必要もあるでしょう。

 

また、医師も患者さんの悩みにもっと深くアプローチし、質の高い治療に励む必要があると言われています。そんな中、日本医学脱毛協会では、25年以上前からコツコツと広報活動を行っています。脱毛に関する被害がなくなるように、正しい脱毛の知識を身に付けることが大切なのです。

 

 

 

・安全で確実なニードル脱毛とは

 

日本医学脱毛協会加盟病医院で行われている電気脱毛(ニードル脱毛)は、正式名称で「小林・山田式絶縁針脱毛法」と言われています。この脱毛法が開発されるまでは、色素沈着を起こしやすかったり、痛みが強かったりというデメリットがありました。しかし、この脱毛法はそのデメリットを解消しています。

 

それは毛根を正確に通電し、肌表面を傷つけないことに重きを置いて開発したからです。各部位の毛穴の深さや毛質を考慮し、最適な長さと太さを持ち合わせた針を作ることに成功しました。なので、その針は20種類ほどあります。

 

工夫された点としては、針が毛乳頭よりも深いところに刺さらないように針の根元を太くしたり、皮膚に接触する部分を絶縁にして皮膚に電気熱が伝わらないようにしたりしたところです。それにより、電気脱毛が安全で確実な方法となりました。

 
ホーム RSS購読 サイトマップ